WordPress プラグイン SEO オールインワンプラグインに注意!

WordPress の近年のテーマはオールインワンでSEO対策がすべてそろってるものがほとんどです。
しかしSEOが気になって、「WordPress SEO」をGoogleで検索すると、またオールインワンのプラグインを入れましょうというお勧めサイトがヒットします。
これがブログサイトの罠です。

 理解しないでプラグインやテーマを導入すると、SEOで大事なdescriptionのmetaタグが重複したり、またはWordPress標準で装備されているdescriptionを削除してしまうこのになります。

確認するべき物

まずご自身のサイトのmetaタグを調べましょう。デベロッパーツール等でdescriptioncanonicalを検索してください。2つ重複していませんか?これは評価を下げる要因になります。Bing等のウェブマスターツールでも致命的な問題として修正を提案されるでしょう。

※デベロッパーツールがアクティブの時に「Ctrl + F」で検索フォームが表示されます。

原因

 重複が起きてる場合は、お使いのテーマは自動的にdescriptionやcanonicalタグを挿入するタイプでしょう。そのテーマとSEOパックのプラグインを同時に使うとSEOの方もdescriptionやcanonicalを挿入してしまい、上書きしてくれないため2つずつ存在する状態になってしまいます。 これはとてもマイナス評価になってしまいます。

改善策

 どちらかの機能をOFFにしましょう。テーマ側でも良いですしSEOプラグイン側でもよいです。しかしOFFにしても空欄のタグが残ってしまうテーマやSEOプラグインがありますので注意が必要です。必ず<meta name=”description” …> が1つである事を確認してください。またOFFに出来ないテーマもあるので、SEOプラグインを非推奨にしている物もあります。このサイトで使わせていただいてるLuxeritasテーマもOFFできないので開発者の注釈でSEOプラグインを非推奨にしています。

まとめ

 SEOプラグインやテーマのSEOに頼らず、自分で理解しながら使いましょう!SEOや技術のアップデートは日々行われています。ついていくのが大変ですが頑張りましょう!